Amazonに納品する時のワンポイント!

目安時間:約 6分

 

 

久しぶりにアマゾンへの雑誌の納品をしてきました。

 

 

 

幸い、最寄りの郵便局は徒歩1分の至近距離にあるんです。

 

 

 

 

なかなかいそがしくて(と、いうのはお約束の言い訳ですが)このところ納品が滞ってました。

 

 

 

 

それでも、アマゾンでの在庫が700冊くらいで増減しているので、そんなに収入に大きな変動は見られないのですが。

 

 

 

 

 

在庫が減る一方ですと、さすがにヤバいですよね。笑

 

 

 

 

 

昨日は価格の登録、そして今日は梱包及び発送の手続き、というふうに分けて対応しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで皆さん、梱包の時のOPP袋ですが綺麗に包装できてますか?

 

 

 

 

自分自身、決して人よりも綺麗にできてると胸を張れるほどではありません。

 

 

 

ちょっとしたことに、少々こだわりを散りばめています。

 

 

 

 

例えば、これ

 

 

 

 

 

なんのことはない、OPP袋への袋詰めの画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

端の部分にもセロテープで補強するように留めている様子ですね。

 

 

 

 

 

 

この左側の画像のテープにご注目ください。

 

 

 

 

 

切れ目が、普通のギザギザではありませんよね。

 

 

 

 

 

そう。ギザだとちょっと見た目的に残念なんですよね、個人的に。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ひと手間なんですが、セロテープを切るときにハサミで切るようにしているんです。

 

 

 

 

 

 

 

このひと手間で、ほんのちょっとだけですが、見た目の印象が良くなります。

 

 

 

 

 

あなたも、ちょっとだけ手間かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

あともうひとつ。OPP袋ですが、口のところがテープで留められるようになっている(「テープ付き」)ものが、オススメです。

 

 

 

 

そのテープの分、手間が減ることになり、作業がちょっとだけ捗ります。

 

 

 

 

 

 

この「ちょっとだけ」って、何十冊もの雑誌を包装していく上では結構大きな差となってきますからね。

 

 

 

 

 

 

以上、ちょっとしたことなんですが、

Amazonに納品する時のひと手間のかけ方、ワンポイントでした。

 

 

 

 

(※画像中、白手袋をしていることが異様に見えたかもしれません。笑 これは、撮影用の演出ですから、気にしないでくださいね。)

 

 

 

 

 

 

 

今日は、以上です!
読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報