新型コロナでお小遣いが減りそうなあなたへ。

目安時間:約 16分

 

コロナウイルスに関しての報道を、聞かない日がなくなってますが、

 

 

 

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

 

 

「コロナ疲れ」なんていうワードも聞かれますが、

 

 

 

 

 

疲れていても飽きてきても、そこにコロナがあるのならば、できる範囲で氣をつけていきたいところですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

テレワーク、という言葉もすっかり定着してきた感があります。

 

 

 

 

 

 

 

出勤せずに自宅にて、お仕事ができる業種や会社なら、

 

 

 

 

 

コロナの動向いかんでは今後も継続して行くことになりそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう状況のなか、あるいはそれ以前からの働き方改革によって残業が減らされてきて、

 

 

 

 

 

 

以前はそこからのお小遣いも期待できた部分が、すでに削られてきているサラリーマンも、多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでもささやかだった小遣い(!)がさらに減ってしまって、

 

 

 

 

 

 

氣持ちのうえでもアガらないよ、っていう人も増えてきていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが何か、

 

 

 

 

 

本業以外に副業を始めて、小遣いが増やせないだろうか?

 

 

 

 

 

 

と考え始めたとしても極めて自然な流れではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、副業で何十万円も稼げるような資格とか特技とかがある人なら、

 

 

 

 

 

 

このような状況になるまでにとっくにそのノウハウで稼ぎ始めていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本業のサラリーを、1万円増やすのがどれだけ大変なことか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12年間ガチでサラリーマンやっていた私には、痛いほどわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いえ、自分がサラリーマンだった時代ももう遠くなってます(十数年前)ので、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろその当時よりも、一般的には

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに給与面での上昇を期待しにくい状況なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに加えて、このコロナウイルスの騒動ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎮静化まで長期化すれば(そしてどうやらその通りになりつつあるようですが)、

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで安定して入ってきていたサラリーにまで、影響が出てこないとも限りませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにもここで、私がいたずらに不安を煽っているというわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、逆境に見えるこうした状況ですが、

 

 

 

 

物は考えようとも言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

これまで副業に漕ぎ出せてなかった人も、

 

 

 

 

お尻を叩かれるように強制的に副業に目を向けざるを得なくなる、ということで、

 

 

 

 

 

いよいよ新しい収入を「自分で」作るきっかけになる、のではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、そうはいっても先立つ物がない、とか

 

 

 

 

これから一から難しいノウハウを身につけて行く自信がない、とか

 

 

 

 

手っ取り早く副収入なんかあげられるはずはない、とか

 

 

 

 

 

 

 

自分が作った「激しい思い込み」(笑)にがんじがらめになっていて、

 

 

 

 

 

 

 

動き出せないという人もいるのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

そう考えると、

 

 

 

 

 

副業が初めて、というあなたなら、

 

 

 

 

 

 

やはり、

 

 

 

 

 

 

低リスクであまり最初からお金をかけなくても始められる、とか

 

 

 

 

 

ノウハウの習得に多大な時間をかけなくても良い、とか

 

 

 

 

 

忙しい本業の合間に、または帰宅途中でも取り組めるような敷居が低い、とか

 

 

 

 

 

 

 

そういう条件の副業なら、取り組みたいところですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の取り組んでいる「中古雑誌のせどり」なら、

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の条件を十分満たしていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は実際に、私のところから先日2,970円で売れた雑誌ですが、

 

 

 

 

 

 

 

【証拠の画像はメルマガのなかでご紹介しています】

 

 

 

 

 

 

 

 

たったの440円で買ってきた、しかも中古の雑誌なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌が必要な人にとっては、

 

 

 

 

 

 

2,970円出しても惜しくない価値を持っている、ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを仕入れてきたのはブックオフで、

 

 

 

 

 

帰宅の途中でサクッと10分間程度の滞在でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではこういったせどりのノウハウが、習得までにどれくらい時間がかかったかといえば、

 

 

 

 

 

 

 

自分の場合、始めてから最初のひと月でも、

 

 

 

 

 

 

 

同様のプレミアム雑誌が売れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数百円の投資(仕入れ)で、数千円、いや場合によっては「万」の単位が付く売値で売れて行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな面白い世界(副業)が、ほんとにあるんだな、と実感したのは

 

 

 

 

 

 

 

やはり、自分が実際に始めてみて稼げてからのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コロナ、怖い怖い」と、そこばかりにフォーカスしているのは、正直時間の無駄ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも収入を上げたいとお考えのあなたなら、

 

 

 

 

 

 

今すぐ、お手元の「ゆるせど」を実践し始めましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、以上です!

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報