私が雑誌せどりを始めようとした時の「不安」。

目安時間:約 18分

 

 

 

 

□私が雑誌せどりを始めようとした時の「不安」

 

 

 

今でこそ

 

 

 

中古雑誌のせどりに取り組むこと自体には全く不安がない私ですが、

 

 

 

 

 

雑誌せどりどころか「せどり」(転売)自体が未経験だった始めの時に、

 

 

 

 

 

不安に思っていたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

人間、何かに初めて取り組もうとした時には不安がつきものですからね。

 

 

 

 

 

 

 

まっ、不安が出て来ること自体は、当然といえば当然ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがもしまだ「(中古雑誌)せどり」に取り組んでいなかったとしたら、

 

 

 

 

 

 

 

 

始めようかなと考えた時に、程度の差こそあれ、

 

 

 

 

 

 

 

私と同様な不安の種が出てきても、おかしくはないですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しずつ記憶も薄れてきてはいますが、

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと思い出してお伝えしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の頃の不安って、集約してみるとだいたい以下のようなことでした。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそも中古の雑誌なんて売れるのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

「売れるとして、自分がそれをちゃんと仕入れてこれるようになるのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕入れた雑誌が大量に売れ残って、不良在庫にはならないか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「全然売れなかったら、どうしよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「要は転売なので、資金繰りはうまくやっていけるのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、このあたりのことが自分には不安だったような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の疑問の

 

 

 

 

 

「そもそも中古の雑誌なんて売れるのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

ですが、

 

 

 

 

 

これって、なんといっても一番最初に来ますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永峯さんの中古雑誌せどり教材の「ゆるせど」を知った時に、

 

 

 

 

 

 

確かにこれが一番最初に浮かんだ疑問でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この点、あなたはどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

私のメルマガ(ここ)をすでにある程度読まれているのであれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全く不要な不安、ですよね?笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数々の高値で売れる中古雑誌の実例を、ここではよくご紹介していますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私もまた、永峯さん自ら、またはアフィリエイターの方からくるメルマガを読む中で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古雑誌「だからこそ」高く売れていくものだ、ということがよくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちゃんと仕入れてこれるのだろうか」とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「売れ残って、不良在庫にはならないか?」とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるいは資金繰りの不安とか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに始める前にはたくさんの疑問が湧いてくるものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうした疑問や不安を乗り越えられたのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の場合は「とにかく始めてみた」からでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中古雑誌せどりで稼いでいきたい!」という興味・関心が大きくなって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安や疑問よりもまさったから、ともいえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単な話ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、売ってみなければ売れないわけですし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売ってみて売れなければ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「では、どうしたら売れるのか?」を考えれば良いわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「その前の段階」で悩んでいても、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間がもったいないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、

 

 

 

 

 

 

 

「どうしたら売れるのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

というのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どんな雑誌が今売れるのか?」というのと一緒で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからもずっと付き合うことにはなる疑問ですね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そもそも中古の雑誌なんて売れるのだろうか?」

 

 

 

 

 

 

 

から始まる、始めてみる前の不安。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ始めていないあなたは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはここを取り除いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古雑誌って、

 

 

 

 

 

 

 

安く買ってきて、

 

 

 

 

 

 

 

 

高く売れるんですよ。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのリアルな実例を、

 

 

 

 

 

 

 

これからも、どんどんココでご紹介していきますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、以上です!

お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報