雑誌せどりの必需品!AmazonのFBA とは?

目安時間:約 12分

中古雑誌のせどりを始めるにあたって必要な準備の一つに、【AmazonFBAに登録する】ということがあります。

 

 

 

 

登録しないでせどりを行なう方法も、あります。

 

 

 

 

ここでは、

 

 

 

FBAとは何か?

 

 

 

FBAに登録するメリットは?

 

 

 

といったことについて解説していきます。

 

 

FBAとは何か?

Fulfillment By Amazon(フルフィルメントバイアマゾン)の頭文字を略してFBAと呼んでいます。

 

 

 

 

このFBAとは、

 

 

出品者様に、Amazonの物流拠点(フルフィルメントセンター)に商品をお預けいただくことで、Amazonが商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまでを代行するサービスです。また、FBAを利用した商品にはプライムマークが表示されるため、購入者への訴求力が高まり、売上アップが期待できます。

 

 

とのことです。(Amazon公式ホームページより)

 

 

わかりやすくいいますと、

出品者(私たちせどらー)が商品の雑誌をAmazonに預けておくサービスです。

 

 

 

 

Amazonには全国にいくつもの物流拠点があります。

 

 

 

 

私の場合は関東在住なので、市川や小田原の拠点に商品を保管してもらうことが多いのですが、どこの拠点に預かってもらうのかは自分からは選べません。

 

 

 

 

それはともかく、預かってもらっているだけではなく、商品が売れたら、Amazonでその注文の受け答えをしてもらえるんですね。

 

 

 

 

Amazonのスタッフが梱包してAmazonから発送してもらえます。

 

 

 

 

ここまで仕組みを説明している時点で、『これは便利そう!』って思いませんか?

 

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

 

FBAに対する発想の方法としては自己発送のやり方も、あります。

 

 

 

 

アマゾンに注文が入ったら、購入者さんと連絡をとり、自分で先方に発送するやり方です。

 

 

 

 

手数料はかかるのですが、中古雑誌せどりでは自己発送ではなくFBAの利用を強くおすすめします。

 

 

 

 

そのメリットを次に説明します。

 

 

 

 

FBAに登録するメリットは?

もうすでに一部はFBAのメリットを説明してしまったようなものですが(笑)、

そこも含めてまとめますと以下のようになります。

 

 

 

 

在庫管理の手間がいらない。

まずはこれ。

 

 

 

 

在庫として自宅などに大量の雑誌を保管しておかなくても良い、というのはありがたいことです。

 

 

 

 

もちろん1冊ずつではなく、私の場合は仕入れてきた雑誌が概ね20冊前後になったら、Amazonの倉庫に納品します。

 

 

 

 

ですから、商品の在庫で自宅が足の踏み場がない!なんていうことが避けられます。

 

 

 

 

(仕入れたものをそのまま置きっ放しにしておいたら、それは当然スペースがなくなってきてしまいますが。笑)

 

 

 

 

在庫保管手数料をアマゾンに支払うことにはなります。

 

 

 

 

ですが、大きさにや重さで決まる在庫保管手数料は、雑誌の場合には例えば家電製品などの他の大型の商品よりは安くすみます。

 

 

 

 

購入者への対応や発送作業が不要。

自己発想の場合は、Amazonで商品が売れたら自らその購入者さんと連絡を取り合わねばなりません。

 

 

 

 

そして、全国各地へ発送するのも自分の手で行なうことになります。

 

 

 

 

急に商品が売れたりして、自分がすぐには対応できないとなると、困ってしまいますよね。

 

 

 

 

都合でどうしてもすぐに商品を発送できないようなこともあるでしょう。

 

 

 

 

Amazonの倉庫から自動的に箱詰め・発送してくれるFBAなら、そんな心配も不要です。

 

 

 

 

Amazonの雑誌売り場の画面で、

 

 

 

「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」

 

 

 

とあるのが、FBA利用の出品者の商品です。

 

 

 

 

クレームや返品の対応も不要。

万一、購入者さんからクレームや返品の依頼が来た場合にもFBA発送の場合はAmazonが対応してくれます。

 

 

 

 

正直、こうしたことを自分でやることで時間を取られるのは避けたいもの。

 

 

 

 

まさに面倒くさいことは嫌だ、という大半の方には朗報ですよね。

 

 

 

 

自己発送の場合よりも高く売れる!

実は、今日はここが一番お伝えしたかったところです。

 

 

 

 

上に説明したように、FBA発送の場合は

 

 

プライムマークとともに、

 

 

 

「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」

 

 

 

という表示がつきます。

 

 

 

 

商品の購入者さんからすると、Amazonから発送されるというと安心感が得られます。

 

 

 

 

プライムマークの商品は、検索結果でも上位に表示されやすいので、お客さんにアピールしやすくなります。

 

 

 

 

他の出品者との関係で言えば、プライムマークのつくFBA発送の場合、この安心感・ブランド力ゆえに、自己発送の商品よりも高めに価格を設定できます。

 

 

 

 

またたとえば、同等のコンディションの商品が同じ価格で並んでいた場合には、FBAの雑誌の方が早く売れやすいのです。

 

 

 

 

これは、あなたが実際にアマゾンにFBAで出品してみれば体験できます。

 

 

 

 

自分の商品が売れた後に、その売り場のページに行ってみると、自分のつけていた価格よりも安い自己発送の商品が売れ残っていたりしますよ。

 

 

 

 

価格の競争力が高いということは、商品が早く売れていく、ということでもあります。

 

 

 

 

FBAには上で触れた在庫保管手数料のほか、配送代行手数料、商品の販売手数料がかかります。

 

 

 

 

大口出品なら、そこでも各種の手数料はかかります。

 

 

 

 

ですがこうした手数料のことを計算に入れても、

 

 

 

面倒な商品の保管や発送の手続き、対顧客の応対の手間が省けて、

 

 

 

お客さまの信頼感を得られて商品が早く、そして高く売れていきやすくなるFBAのサービスは、使わない手はありません。

 

 

 

あなたが出品する際には、ぜひFBAのサービスを検討しましょうね。

 

 

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

☆中古雑誌の転売(せどり)に興味関心が出てきた方は、

晋太郎の発行するメルマガも

ぜひ購読してみて下さいね。

 

 

ご登録は下のフォームから、どうぞ♪

 

 

お小遣い稼ぎランキング

 

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報