【400円→2,180円】最近売れた雑誌です。20200220

目安時間:約 15分

 

 

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近売れた雑誌です。
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

今日も、最近売れた雑誌のご紹介をしていきますね。

 

 

 

 

 

 

 

今日ご紹介する雑誌は、こちらです。↓

 

 

 

 

 

 

【証拠の画像はメルマガのなかでご紹介しています】

 

 

 

 

 

 

 

モノレートは、こちらです。

 

 

 

https://mnrate.com/item/aid/B07SQBXNTZ

 

 

 

 

 

 

主に男子学生に人気の雑誌、

 

 

 

 

「週刊プレイボーイ」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

400円の仕入れ価格にして、

 

 

 

 

 

2,180円にて売れていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

利益率は約50%。

 

 

 

 

 

 

 

悪くはないですが、もうちょっと取れたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、後から思うことはあっても、

 

 

 

 

 

 

なかなか強気には価格設定ってできないものなんですけれどもね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、在庫が長期にわたるのは避けたいという心理が働くんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌は

 

 

 

途中で価格の見直しはかけませんでしたが、

 

 

 

 

 

人気の割には時間がかかって、

 

 

 

 

 

 

6ヶ月ほど売れるまでにかかりました。

 

 

 

 

 

 

(いや、見直しをかけなかったからこそかな?笑)

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌の内容的なところですが、

 

 

 

 

 

高田秋さんというモグラさんが、人気のようなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビを日ごろ観ないもので、自分は全く知らない人でしたが。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方都市の実家に帰省した時に、

 

 

 

 

 

その町にある古本屋さんで、見つけた1冊でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に言って、

 

 

 

 

 

同じ週刊プレイボーイ(=週プレ)ならば、

 

 

 

 

 

 

付録としてDVDがついているものの方が、

 

 

 

 

 

 

やはり高値やプレミアムがつくことが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の雑誌も同様なんですが、

 

 

 

 

 

 

その付録や、袋とじのページについても、

 

 

 

 

 

 

「開封」していないものの方が、より高く売れます(当然ですが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の雑誌は未開封の良品でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

週プレでたまに見かけるのは、

 

 

 

 

 

 

 

雑誌のページの中程にある、

 

 

 

 

 

ちっちゃな「応募券」なるものが切り取られているケースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古書店などで、

 

 

 

 

ビニースケースに入っていて、

 

 

 

 

 

 

中身を確認できない状態で仕入れてくる時には要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

(というか注意しようがないので(笑)、聞ければ店員さんに聞くのも一つの方法です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいところですが、

 

 

 

 

 

自分の場合は、もし「切り取り」がある雑誌だったら、

 

 

 

 

 

 

 

もうAmazonへの出品は、(諦めて)しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「中古−可」で、出せないこともないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこはAmazonへのこだわりの部分です。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安くなってしまいますが、

 

 

 

 

 

 

別のサイト上で、売却します。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

 

 

 

 

 

 

そもそも週プレ自体が、

 

 

 

 

 

 

 

 

程度(コンディション)が良好な状態で仕入れられることも、

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、機会として少ないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運よく見つかっても、

 

 

 

 

 

 

 

応募券の切り取りや、袋とじページの開封などがないかどうか、

 

 

 

 

 

 

きちっとチェックしてから出すようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週刊誌クオリティなので、

 

 

 

 

 

 

 

 

表紙にシワやスレがつきやすい点も、

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後の仕入れのご参考にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、以上です!
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事に関連する記事一覧

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報