価格見直しのチャンス到来!

目安時間:約 15分

 

 

 

 

■価格見直しのチャンス到来!

 

 

 

 

 

 

 

雑誌のせどりに関して、普段あまり真剣に取り組んでこなかった「価格の見直し」に

 

集中的に取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

お伝えしたように、

 

 

 

 

仕入れに行ってもはかどらないときだって、ありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日の今日になっても、

 

 

 

 

 

 

 

同じ店舗を訪れたとしてもどうせそんなに品揃えがガラッと変わることも少なかろう、

 

 

 

 

 

 

 

 

と考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、

 

 

 

 

 

目下のところ、

 

 

 

 

 

これまでAmazonの倉庫に納品して、売れるのを待っている商品の価格を短期集中的に見直しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全体のウン分の1、ほどですが

 

 

 

 

 

 

 

今のところ200点以上の価格見直しを完了したところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見直してみますと、

 

 

 

 

 

 

「もっと早く売れていても良かったのにな〜」と思える雑誌も、少なくありません。汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り組むまでは腰が重かったのですが、

 

 

 

 

 

 

いざ始めてみればサクサクといくものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、1冊1冊をそれなりに丁寧に見直ししていきますので、

 

 

 

 

 

 

 

 

ペースアップはできませんけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徹底的な見直しとはいえ、

 

 

 

 

 

 

明らかに利益が飛んでしまうようなレベルの価格引き下げは、行いませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格の見直しをしていると、色々と発見もあります。

 

 

 

 

 

 

 

雑誌によっては、もっとあげられるんじゃないかな、というものも見つかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの在庫は、引き下げの方向となるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

中にはあからさまな「俺様価格」な在庫も見つかり、苦笑いしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、他の出品と比べて

 

 

 

 

 

 

ガチに高すぎる値段設定で最後尾に陣取っている(自分の仕入れた)雑誌、ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう、恥ずかしくなるほど、

 

 

 

 

 

 

一つ前に並ぶ出品よりダントツに高い値付けになっていたりして。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

速攻、適切と思われる価格に訂正させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、そのような雑誌は、

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が出品の当時はAmazonに1冊も在庫がなかったものでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の出品の後を追うように、ガンガン他の出品が出てきた、という流れでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ逆に、こういう「ヘンな価格」のままでいる出品を見直すところに価値がある、ともいえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰も、「その出品、値段高すぎますよ」とは教えてくれませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私なりの価格の見直しのポイント、としましては

 

 

 

 

 

ゆるせどの推奨しているFBA出品の場合は、

 

 

 

 

 

 

個人からの発送商品よりは高めに設定できるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、むやみに「一番安い」(最低価格)値段にはしませんし、しないで済みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これはもちろんなのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

価格の見直しで売り急ぎたいとしても、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上でも触れましたが、

 

 

 

 

 

 

 

利益が出ないレベルでの引き下げはしないこと、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格の見直しをかけても、

 

 

 

 

 

 

 

それらがすぐに売れていくということでもなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むしろそれらとは異なる在庫が売れて行ったりするので(笑)、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこもまた価格見直しの面白いところではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、見直しそのものは無駄ではありませんので、

 

 

 

 

 

 

私のように、気が向いたら見直す派でしたら、

 

 

 

 

 

できるときにはまとめて取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報