最近売れた雑誌です。20200224

目安時間:約 18分

 

 

 

最近売れた雑誌、今日ご紹介するのはこちらです↓

 

 

 

 

 

【証拠の画像はメルマガのなかでご紹介しています】

 

 

 

 

 

 

知名度は高くても、

 

 

 

 

自分で読んでいるかと問われれば、実はそんなに読んだことのない雑誌。

 

 

 

 

 

 

 

それがこの「ニュートン」誌、です。笑

 

 

 

 

 

 

 

中古雑誌せどり界隈で、

 

 

 

 

あまり聞こえてこないような気がするんですが、

 

 

 

 

この「ニュートン」誌って、

 

 

 

 

 

 

見回してみるとけっこう高値がついているのもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1冊は、そんな中の一つ。

 

 

 

 

 

 

 

気まぐれで、ブックオフの現場でリサーチしてみたら

 

 

 

 

 

予想外に高値だったので、

 

 

 

 

 

 

仕入れてみた、という1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕入れ値は357円、

 

 

 

 

Amazonでの売値は、1,680円でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40%に届かない利益率ですが、

 

 

 

 

 

 

これもまた、価格の見直しを途中でかけていたら

 

 

 

 

 

 

 

もっと高値で売れていたかもしれない1冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうは言っても、今さら遅いのですが。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノレートのページは、こちらです。

 

 

 

 

 

 

https://mnrate.com/item/aid/4315518158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3ヶ月間で5冊、

 

 

 

 

半年間で14冊なら、

 

 

 

 

 

仕入れの余地は大いにありと言えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazonからprime扱いで新品が発売されていないかどうか、

 

 

 

確かめてから仕入れてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この雑誌の、今のAmazonの商品ページを見てみますと、

 

 

 

 

 

中古品14冊の中で、

 

 

 

 

 

 

FBA(※)での出品が、ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

これって、

 

 

 

 

自分のようなFBA出品者からすると、

 

 

 

 

 

 

高めな値段設定でいけることが、多いんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今だったら、ですが

 

 

 

 

 

 

強気の2,400円〜2,500円くらいで、出しても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※晋太郎の個人的見解です。実際に売れるかどうかの責任は持ちません。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「FBA」についてはこちら↓をご参照ください。

 

 

 

雑誌せどりの必需品!AmazonのFBA とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

・他にFBA出品がないという状況。

 

 

 

 

 

・上位の価格帯の4冊は、ちょっと高すぎる印象。

 

 

 

 

 

 

 

・自分はFBAなので強気の値段設定が可能。

 

 

 

 

 

 

その4冊よりは低めで、

 

 

 

他の低価格帯の個人発送のものよりは高めにできる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういったことを総合的に判断して、

 

 

 

 

 

 

上の「2,400円〜2,500円くらい」という目安を出してみたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、これはあくまでも晋太郎の独自の判断ですので、

 

 

 

 

 

 

 

あなたにはあなたの価格設定の基準があっても

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで一つの判断材料として

 

 

 

 

(あっ、そんな考え方もあるんだな、と)、

 

 

 

 

 

ご参考にしていただければ、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

まだ今雑誌せどりを始めたばっかり、

 

 

 

 

という人には、

 

 

 

 

いきなりちょい難しかったかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に出品する時の金額決定って、

 

 

 

 

 

 

 

なかなかはっきり、「この金額!」っていう風に

 

 

 

 

 

自信を持って決められないケースも、

 

 

 

 

 

 

ままあるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格の変更自体は、

 

 

 

出品、納品の後からでももちろんできますから、

 

 

 

 

そんなに真剣に考え込むこともないのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、私のように、

 

 

 

 

1度決めた価格の改定作業に「腰が重」くなりがちな人は、

 

 

 

 

 

やはり出品の時にしっかりと自分なりの軸を持って

 

 

 

 

 

 

価格を決めることに慣れていくと良いかも、です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ええと、話をニュートンに戻しますね。笑

 

 

 

 

 

 

先ほどお伝えしましたが、

 

 

 

 

 

ニュートンは、号によってはこの号よりもプレミアムがついているものも、

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

 

 

ブックオフや電脳で、

 

 

 

 

 

こまめにチェックすることで、

 

 

 

 

 

 

「ホームラン」級ではなくても「ヒット」が狙える高値の号と出会うことは、

 

 

 

 

 

 

 

十分期待できると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はりきってリサーチかけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、以上です!
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

☆晋太郎の推している中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】(永峯朋子さん製作)はこちらから

 

 

メルマガのお申し込みはこちらから

■上記のバックナンバーを読んで、このメルマガの購読価値があると思われた場合には、

 

以下のフォームより購読をお申し込みいただけます。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

プロフィール

shintarou

初めまして!

中古雑誌せどらーの晋太郎と申します。

自営業のかたわら、とことん「楽しみながら」ゆるーく小遣い稼ぎを実践しています。

リアルタイムで「こんな中古雑誌が今キテます」といった情報や、初心者向けの注意したいポイントなどをお伝えしていきます!

中古雑誌せどりの教材【ゆるせど】推しです。

詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
メタ情報